仕事に育児に恋にも忙しいまーぴょんの いつも前向きにHappyにしちゃうDiaryです。 熊本の遊び場やおいしいもの情報も必見!!






プロフィール

まーぴょん

Author:まーぴょん
出身地:熊本県
趣 味:旅行・お菓子作り
目 標:ウエスト59㎝・体脂肪20%に!
夢  :ホノルルルマラソン出場



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



訪問者数


現在の閲覧者数



月別アーカイブ



infomesion



ブログ検索



愛の授業


ルール大学の客員教授、大畑誠也先生の講演会へ行ってきたよ。
大畑先生の講演会は今回で2回目。
今までなかなか行けなかったんで、今日はとっても楽しみだったの~

そんでもって、本日のタイトルは 「愛の授業」
大畑先生が高校の校長先生をしてる時に、卒業証書に校長印を押すんだけど、その時に本当にこの子達は卒業して大丈夫か~ 校長として送り出す以上、男女間の本当の愛をちゃんと教えんといかん! と思ったのがきっかけ。
という事で、校長時代にやってた愛の授業はどんなことなのかっての再現でした。

今回もアナログ的な手書きの紙をホワイトボードにペタペタ貼って、熊本弁での講演。
大畑先生は結婚して家庭を持ってこそ、初めて人としての本当の愛が分かるという持論を持っており、今の晩婚化や未婚率の上昇は教育が悪い、結婚して子供を生んで子孫を残すべきである。という前提からはじまったの。

以下記録として残しときます。

① 幸せな人生とは
 詩人 相田みつを 「幸せはいつも自分の心が決める」
 ・人生で不幸なことは本気で生きなかったこと。
 ・結婚しないのは教育の問題
 ・恋愛は最高の教育である
 ・大人とは本気で他を愛せるようになった人をいう
 ・人は人をすきになることにより人間になる。
 ・一人の人を愛せなくて教育ができるか。結婚して子供を生んで経験してそれで人様の子供を預かって愛するとはこういうことなのかと身を持って経験する。
 ・愛してる人は決して愚痴をこぼしたり、不平不満を言う事はない。
 ・人格的に大切な事は優しさ = 受け入れる = 感謝をする

②真の愛をみつけよ 
 ・愛は時間をかけてはぐくむもの
 (1)恋愛のスタート
 ・いい感じをもたれないとダメ。
 ・スタートは”好感”をもたれる事
 ・好感を持たれる3要素
   1.挨拶
   2.笑顔
   3.思いやり
 ・挨拶することは認め合うこと。人間で一番嬉しいのは認められること
 ・褒める事とは積極的に認めることである
 ・愛することは最高の認めるである。
(2)好きの感情
 ・単純接触の原理
 ・思いは愛ではない。言葉(行為)にして始めて愛になる
(3)大好きの感情  ここからが本当の恋
 ・大好きとは特定化
 ・愛の相互性の原理
 ・人は関心を持ってくれる人のみにしか感心を示さない
 ・愛の本質は愛されることではなく愛することである
 ・自分に特別な感心を示してくれる人には好感を感じる
 ○悩み、苦しみの発生
 ・深く愛することが出来るもののみが苦悩を味わう
 ・心をつかむ  = 胃袋ををつかむ
(4)信頼  夫婦間で一番大切
 ・人間は言えないことがたくさんある、それを言えるかどうか
 ・共鳴共感
 ・絶対的人間関係 ①ウソをつかない  ②約束を守る
 ・信頼関係の3要素
   1.真実を話す
   2.一生懸命やる
   3.続ける
 ・一生懸命が人の心を動かす
 ・一生懸命やることは人の信頼を得る唯一の方法である
(5)尊敬
 ・尊敬できる相手でないと愛し続けられない
 ・人生の師
 ・家庭師 
(6)崇拝
 ・崇拝とは特定の人を最高絶対的存在として信じて疑わないこと
 ・その実態は「受容」と「感謝」である
 ・人の出会いは偶然で神に感謝するような出会いである
 ・本当の恋愛とは感謝の中からしか生まれない「幸福は感謝する心から始まる」
(7)結婚
 ・結婚とは男女の恋から結晶し、夫婦になることである
 ・その実態は 契り、契約、約束である
 ・籍だけ入れるのではなく、式を挙げること

③落とし穴に気を付けよ
(1)セックス

 ・待ってと言えること、そして待ってもらえる価値のある女になること
(2)やさしい男
 ・自分の気持ちを言わない男
 ・非常な男、ひどい男とは本当に冷たい男ではなく、中途半端に優しい男である

1.真の愛とは理想的人間像を追求する
2.愛は相互に命を与え合う
3.真に愛することは真に理解することである
4.愛は一斉のものを達成する
5.愛すること それは行動すること
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mappy06.blog75.fc2.com/tb.php/2065-7634467d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)