仕事に育児に恋にも忙しいまーぴょんの いつも前向きにHappyにしちゃうDiaryです。 熊本の遊び場やおいしいもの情報も必見!!






プロフィール

まーぴょん

Author:まーぴょん
出身地:熊本県
趣 味:旅行・お菓子作り
目 標:ウエスト59㎝・体脂肪20%に!
夢  :ホノルルルマラソン出場



カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



訪問者数


現在の閲覧者数



月別アーカイブ



infomesion



ブログ検索



今日は博多で心屋ざんまい

久々 博多へ上るわ。

ここ半年、毎月 鹿児島へ下ってたから。

今日は博多で心屋のBeトレ。
その後 マスター30期の仲間と同窓会。

会社は今日が仕事納めで忘年会あるんだけど それ休んじゃってるからね~(^^)

今日も楽しみなこといっぱい♪

スポンサーサイト

私は 『蛇いちご!』
「自分をものに例えると何?」

コーチ仲間との忘年会で出たお題。

常に頭にある

”太陽の”ように暖かく包み込む存在で在りたいし
”ひまわり”のように明るく太陽に向かって真っすぐ突き進む自分で在りたい。
  
ってなのはみんな知ってるんでつまんないから 
今回はちょっと違う視点で

まーぴょんをものに例えると

『真っ赤なバラ』


みんな周りに寄ってくるんだけど、トゲで刺す!
意図して刺す場合もあるし、知らずに刺してる場合もあるし。
でも 本人としては全く悪気はない!
自分の気持ちに正直に動いてるだけ~


ってなことを酔っ払い相手に話していたら
おばちゃま相手に毎日仕事をしている 優しい物言いの彼が言った

「まーぴょんは蛇いちご」 だと。

ぱっと見、木苺に見えるから美味しそうって食べたら 腹を壊す と。

・・・・。


講師としてみんなの前に立つ私も、技術者として仕事してる私も、酔っぱらって困らせることを言う私も
知ってるんで出た言葉。

うん。 その通り!

優しい語り口でズバッっと私には言いたいことを言ってくる。
一見、誤解を生むようなことも遠慮なく、でもリスペクトあっての言葉ってのがお互い分かってるんでコーチ仲間とはありのまんまで話せる。
だから私もコーチ仲間との飲み会では空気も読まず、言いたいことを言いまくる。

コーチ仲間に入って間もないひとりの彼女は まーぴょんってそんな人なの~??
って ”ひまわり” 的な部分だけしか知らないからか ちょっとびっくりしていたみたいだけど。

何でも裏と表があって。
お札でも表と裏でひとセット。

目の前で起こった出来事も見る人によって良くも悪くも、受取り方で変わってくる。

だから、人も表と裏があって当たり前。 
それがそろってその人らしさ。

表だけが良いわけではないし、裏があるからて その裏が悪いわけではない。
ネガティブや毒づくのが悪いわけではないから、周りの目を気にしていい人ぶってなくっていいってこと。

”ひまわり”が本当の私でもあるし、 ”蛇いち”ごが本当の私でもあるように。

自分が発した言葉や言動も
相手によって 自分がどう思われるかなんていくらでも変化する。
だから 良く見られたい、悪い人に思われたくないって空気を読むことより、自分の好きなことをする方が大事。

表と裏 どっちもあるから個性になって どっちもあるから人っておもしろい。


後日、その彼がしらふの時に言ってくれました。
自分の前では ”ひまわり” よりも ”蛇いちご” を見せてくれて 嬉しい と。



お別れ
彼女との出会いは中学の時。
すらりとした長身に ちょっとおどけた表情。
そんな第一印象の彼女との再会は、中学の時初めて見た時と同じよそ行き顔の写真のでした。

偶然だったけど、中学、高校、専門学校と同じ所に通い、実家も住まいも同じ町内。
車の免許を取ってからは一緒に学校へ行ったりお酒を飲みに行ったり、彼女の家にもご飯食べに行ったな。
お互い妻になっても、母となっても 技術者としてこれからのキャリアのことをたくさん話してきた仲。
親のこと、子供のこと、夫婦のこと、そして二人に共通して外せない仕事。 
それを通して自分の思いをその時々で語り合ってきた。

最後に会ったのは今年の2月。
心屋仁之助さんの福岡ライブ。
偶然にも会場でばったり会って 帰りは彼女の車でおしゃべりざんまい。
久々会えて嬉しかったし、楽しかったな~


お互い心の在り方たくさん勉強してたのにね。

辛かったら、仕事も妻も母親も全て投げ出してよかったのに。
あり金全部もって 行きたいとこ行って、食べたいものたべて、したいことやって
1週間でも1ヶ月でも気が済むまで逃避行してよかったのに。

ひとりでおいしいご飯を食べる時。
ひとりでぬくぬくのお風呂に浸かった時、至福の時に彼女のことを思い出す。

彼女はこんな当たり前の幸せを味わうこと、もうできないんだよね と。
どんなことがあっても 生きてて欲しかった。
ひとりの時はたくさん泣こう。
我慢せずにわんわん泣こう。
だってもう会えないんだもん。

明日は彼女の四十九日。
旦那様のご実家、福岡にに連れて行くとのことだったので、近所のご実家にお花を持参しました。