仕事に育児に恋にも忙しいまーぴょんの いつも前向きにHappyにしちゃうDiaryです。 熊本の遊び場やおいしいもの情報も必見!!






プロフィール

まーぴょん

Author:まーぴょん
出身地:熊本県
趣 味:旅行・お菓子作り
目 標:ウエスト59㎝・体脂肪20%に!
夢  :ホノルルルマラソン出場



カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



訪問者数


現在の閲覧者数



月別アーカイブ



infomesion



ブログ検索



会社からお見舞金
会社から 熊本地震のお見舞金が全員に支給されました。
うわぉ。

小遣いぐらいじゃなく、我が家では2カ月分の食費くらい。
うわぁ~ いい会社だわー
助かるわ~。

そのうち1万円は組合からだけど、その他は純粋に会社の利益からみたい。

会社員って 守られてるよねー
テキトーに仕事してるまーぴょんにもくれるんだもん。
ありがたや~


スポンサーサイト

ストレングスファインダー

自分のモチベーションを上げたくて

コーチ仲間の知識さん開催の ストレングスカフェへ~♪


うわぁっ 落ちてる落ちてる
あーめずらし、落ちてるぞーーーーーー
何がって まーぴょんの気持ちが・・・・・・

月曜日からうーーーん。
・・・・
いつもは一晩寝れば 元通りなんだけど、今回はまだ続くね~
って言っても 二日目だけど。

あ~ 今日は夜ご飯作りたくねぇ~
だから 丸重チキンのから揚げ買ってきた。
ぼんじりとかつまみにおいしいんだよ♪
って そんくらいで浮かれてる場合じゃねぇ。

うーーーん どうしたら元気になるかって考えて 
やっぱりあいつの声を聞こう。

電話ちてーーーーー 助けてーーーーー

よう言えたな~
言える人がいるだけでも幸せだな~

あ~ アホなあいつと アホなあたいと バカ話して 大笑いして ふぅ~

今日は もう寝よっ! 

やって来たぞ!
我が家にもやっと来まして。
何が? って反抗期が。

高校生になったチビ太にやっと反抗期がきあした。
それも よ~考えてらしゃる。
「オレ、不登校にないたい」 と。

まーぴょんにも 世の中にも いろんなことに対する不満やチビ太なりの考えをたくさん聞いて、お互い涙を流して、いろいろ話して。
それでも 「お母さんはあなたの一番の味方って分かってる?」  って聞いた答えが
「うん わかってる」

それだけでいいわ。

話し終えたチビ太の顔もすがすがしくなってて ずる休みしてた高校に行って 担任の先生といろいろお話してきあした。

子育て、簡単じゃない。
子供の器量が悪いのも、勉強できんのも、後先考えないのも ぜーんぶまーぴょんに似てます。
えぇ あたしが産んだ子だから。
仕方ねぇ。
自分で考えてすぐさま行動に移す実行力は まーぴょん譲りでやんす。
文句言えねぇ。

あぁ 子育ては難しい。
だから面白い。
だから人生ありきたりじゃなくて楽しくなる♪

21日(日)はコーチング定例イベントでした~
まーぴょんはファシリテーターとして参加♪

今回のイベントは“あいほっとCAFÉ”のテーマのもと、CAFÉにいるようなほっとできる心地いい空間を合言葉に始まっていきました。

具体的にはグループコーチングとなっていましたが、コーチングのイメージでいう目標目的に向かってこぶしを上げて突き進むというようなものではなく、その時、その瞬間感じたままを言葉にして自分の心に寄り添う、自分の気持ちを大切に扱う時間としました。
初めて参加する方も、リピーターの方も運営委員もホッとできる空気感、何を発言しても受けとめてもらえる安心感を参加者全員の共通認識としてそのためには何が大切か説明させていただきました。

『聞く』と『聴く』の違いをレクチャーし、『聴く』の “あ・い・う・えお“ をデモストレーション交えて説明。 五感をフルに使い心を込めて聴くまたは聴いてもらうことによって心の変化が現れた方もいらっしゃったみたいで^^

今回はコーチングという言葉すら説明しませんでしたが、終了時には来た時と全く別人のような笑顔になっている方もおり、「肩書、年齢、職業関係なく受け入れてもらえて心地いい」そんな言葉をいただき、一人30分のグループコーチングは終了しました。
ファシリテーター役で参加した私も参加者全員で作りあげた温かな空気感がとても心地よく、“だから熊本支部のイベントはやめられない!” とまさに再確認した時間でした♪

今回の参加費は熊本地震復興応援チャリティ企画として、全額赤十字へ寄付いたしました。


今日はカウンターで飲んでて…
毎月のコーチングイベントの後はお決まりの飲み会♪

お決まりっていっても まーぴょんが行きたいから勝手に決めてるだけだけど。
だから今日は最少人数の二人。
前から行きたかった新しいお店♪

熊本市内の 銀座プレイスくまもとビルの ”奥座敷たつのこ” 
カウンターに座って、目の前で仕上げてくれるお料理を頂く。
まーぴょんが大好きな トウモロコシの天ぷらもあって うーん幸せ♪
 


地震の影響で
地震の影響で 週末の予定が結構変わりました。

まっ それでも遊びの予定を入れるから 楽しくなるのには変わんないんだけどね。

遠出しようにも県内は道路が使えない所があるし、第一その目的地も開店してるかどうかもわからんし。


あぁ また博多に行きたいな~
先週行った時、新しい博多ビル見てなかったからな~

うちに泊まればいいのに。
「うちに泊まってもいいですよ~」

「おひるご飯、お弁当作ってきましょうか~」

会社の独身男性に言いました。
躊躇なく、どういう風にとられるかも関係なく。

西原村に住んでて、避難所から通ってらっしゃるそうです。

えぇ、同情です。
私に何か少しでもできることないかな? と考えたから。

でも、独身男性が我が家に来ても、先方が気を使うだろうし、お弁当は、地震前も毎食ほか弁注文されてたからな・・・・

「気持ちだけ受け取っとくね」 と言われました。
そりゃそうだ。

こんなやって声かけたからって、あたしゃこの男性に異性としての興味はまったくねぇ。
でも、一緒に仕事をする仲間として 声かけずにはおれんかった。
たとえ 相手が勘違いしたとしても。

しょうがないじゃん。
あたしがそういう風に思ったんだから。

やりたいことやりなよ~
心屋の仲間は やりたいこと何でも尊重してくれる。

昨夜はボランティアの後、うちの駐車場でキャンピングカー泊してもらうことにした。
だから えいことえいこパパとうちで晩ごはん。
お弁当をつつきながらパパも一緒にいろんなことを話す。
「えいこ」 って呼び捨てしてても 年はまーぴょんより14歳年上。

マスターコースが終わってからだから半年ぶりくらいに会った。
心の内を包み隠さず話せるから ほーんと良き理解者で、良き仲間。
久しぶりにあったもんだから、どんどんどんどん話したいことが出てきて、気づけば明け方3:00

まーぴょん明日仕事だろうから もう寝ようか。 って。

寝不足だけど、たくさん話せて、好きなえいこにあえて、おまけに話に聞いてたえいこパパにも会えて、うちのチビにも合わせることができて。
あぁ それだけで幸せだな~

キャンピングカーだから いつでもうちに 来てね! って言ったよ♪

物資配給ボランティア

長崎からボランティアで駆け付けた 心屋マスター同期の えいこと チョコレート菓子 「ブラックサンダー」 の配布。

えいこパパの運転する キャンピングカーに乗って

今日の配布先は中央区。
グランメッセを出発し、県庁→帯山中学校→熊本刑務所→託麻原小学校→学園大学→サンライフだどなど中央区をぐるっと一周、十数か所。
まーぴょん地元ですぐわかるから、ナビ入れなくていいよ! て言って。
裏道をぐるぐる。

まーぴょん車中泊したから、避難所行ってなかったんだけど、初めて実際の避難所を見たよ。
地震発生から1カ月経ってるからか、物資は受取拒否されるくらい十分あるみたいで、カップ麺やレトルト類も好きなものを選んで食べていいようになってた。
ただ、寝るにしても 広い体育館に布団が敷いてある状態だよ。
プライバシーも何もありゃしない。
県庁はロビーの端っこに段ボール敷いて そこに布団が敷いてある。
一般の人たちが出入りするロビーにだよ。  そこに寝泊まりしてんだから。
着替えもできないよね。

自衛隊のお風呂も限られた所にしか来ないし、特に小さい子を抱えた家族や足の不自由なお年寄りの方はきつかろなー
食事の炊き出しは 百人規模の所しかもうあってなく、それ以下の所は コンビニも空いてるからってやってないところが多かった。

家がどうにかなった人全員助けてくれるならいいけど、半壊くらいじゃお金もろくに出ないしなー
それでも住めればいいけど、ドアやサッシが傾いて鍵も閉まらず、ガラスが割れて窓も取り付けられないなら、それ家じゃないし。
おまけに商業施設は閉店になったり、休業状態も多くって失業者もあふれてる。
ほんとどうすりゃいいんだよ。 状態。

うーん。
健康なまーぴょんにできること。
力仕事だけじゃなく、観光客減少の地元で食べたり、買ったり、そんなことも応援につながるから。
無理せずできることから。



氷室京介 LAST LIVE
オープニング一発目の局は 『DREAMIN'』 
すでに総立ちで ワ~の盛り上がり。
そんでもって 2曲目も BOOWY から 『RUNAWAY TRAIN』。
BOOWY も 氷室のCD持ってないまーぴょんでも 口ずさんで歌える局でやんす。

あの広~い ドームに豆粒ほどの氷室を見ようと目を凝らすけどあんま見えん!
だからモニターに目をやる。
うーん 歌うまい。
かっこいい。
これがほんとに最後か~

あー一緒に見に行きたかったな~
一緒だったら楽しかっただろうな~ 

汗だく中盤、大盛り上がり時は  『MARIONNETTE』  と  『ONLY YOU』
今回のLIVEは ヒール靴をぬいで飛び上がったりしたかったから 敷物持参し、その上に裸足で。
ずっと立ちっぱなしだったな。

そしてLASTは 25年前に一番最初に歌った曲 『ANGEL』

2時間半あったけど、あぁ・・・ このLIVEも終わるんか・・・・ もっと歌って~ってドームのみんなでウェーブ。

ほんとのラスト曲は 『IMAGE DOWN 』  『 NO. NEW YORK 』 で締めくくられた。

あぁ・・ 楽しかったー 良かったー 
ドーム広いし、席に行くまで迷子になるくらいめちゃくちゃ混雑してるけど、でも いいわー
ホールより ドームの方が臨場感があっていいかも~

もう見ることはない 氷室京介のLIVE 行けて良かった。



LAST GIGS

ヤフオクドームにて

氷室京介のLAST LIVE

ステージ正面のいい席!

BOOWY時代の曲もたくさん聞けるだろうな♪

燃えるぞ~


さとうみつろう さんのblog記事
『神様とのおしゃべり』 著者 さとうみつろう さんの記事より


被災している方は、今きっと「ゆとり」が無いと思います。
そして、被災していない僕たちには、「ゆとり」があります。
これは『物資』の話しではありません。
ココロに、僕たちはゆとりがあります。
だから、色んな感情を僕たちにぶつけたって、大丈夫です。
思いっきり甘えても、大丈夫です。
理不尽なことを言っても、大丈夫です。
欲しいものは欲しいと、要らないモノは要らないと怒鳴ったって大丈夫です
助けてほしいとき「助けて!」と、ほっといて欲しい時は、「でも今はほっとけ!」と、
急に、感情のままに動いてもらって、大丈夫です。
こんな時まで、「他人にも優しくしよう」とは思わないでください。
ゆとりある、大丈夫な人がここに居るから、大丈夫じゃないあなたのままで、大丈夫です。
だから、僕たちの心までは気にせずに、行動して下さい。
被災していない僕たちのココロの「ゆとり」くらいは、
ぜひ被災した皆さんで使ってください。
日本中が今、皆さんに何かしてあげたいという気持ちで居ます。
それは傲慢かもしれませんが、そう思ったなら、それも遠慮なく言ってください。
無邪気な子供の様に、遠慮しないで甘えてください。
なぜなら、
僕たちは、大丈夫だからです。

だから、僕がたあこさんに伝えられるメッセージは実は、
『僕は、大丈夫です!』ということなんです。

大丈夫な人たちが、ここに居るということなんです。
日常を、日常のままに送っている人が、ちゃんとここに居るよ、ということなんです。
大丈夫じゃないあなたたちが、甘えられるくらい、大丈夫な日常を送っている人が、ちゃんと日本にもいっぱい居るということです



***************************************

心屋マスターコース一緒に行ってた同期は・・・

最初は、「大丈夫?」 と心配してくれる声が嬉しかったのに、余裕がなくなってくるにつれてその声すら、だんだんとイライラに変わっていきました。
「無事だよ。大丈夫だよ」  「よかった」
そんな会話が、だんだん心地よくないものに変わっていきました。
僕からの 「大丈夫」 という言葉を聞いて一体、その人は何をしたいんだろう?
「無事だよ。大丈夫だよ」   「よかった」
で、それが何なの?  自分が安心したかっただけ?
そのやりとりが、虚しくて腹黒い怒りの感情も湧いてきました。

********************************

まーぴょんも同じ!

地震発生後からの
 「まーぴょん 大丈夫?」 ってメッセージ、わずらわしっ! 
って思ってましたもん。

あっ、同じ被災してる熊本県民からのメールね。

だって みんな被災してるんだもん、助けてって言えないじゃん。
言ったところで、何もしてもらえん って分かってるもん。
橋落ちて、道路も陥没して 通れないんすよ。
コンビニやスーパー空いてないんすよ。
お水ちょうだい! って あんたんちも止まってんだろ?  ってな 

んじゃ 「まーぴょん大丈夫か?」 って熊本人からのメールは・・・・

えぇ 無視。  イヤ 無視はしちゃいねぇな。
「生きてる」  ってだけ一言の返信。
大丈夫じゃないから そんなこと書きやしねぇ 
だって 大丈夫じゃないもん。

心屋30期の同期や コーチングの仲間や同級生、熊本県民には まーぴょんから 誰一人安否確認のメールせんかった。
だって、電気が使えない中、命をつなぐって言っても大げさではないくらい大事な携帯電話の充電減らすわけにはいかないもん。
お互いに。
それに生きてても逆に大変でつらく 余裕のない時 って分かってるもん。
まーぴょんがそうだったから。

だから 大事な友達には 地震から1週間後、うちでご飯炊いたりできるようになってから、やっと連絡した。
SOSが来ても助けれるようになってから。

逆に地震発生直後の 県外仲間からの 安否確認連絡には~
えぇ、 たーっくさん 助けて~ を出しあした!

大丈夫! なんて 一言も言えないっす。
だって助けてほしいもーん。
大丈夫! だなんて うそだもーん。

地震怖くて これからの生活どうしよう って不安に思ってて 寝不足で・・・
ポジティブなまーぴょんは それでも結構平気なふりして ボランティアで不動産の仲介やってました。 
でも 食べるのないもーん。
連絡してきてくれた 県外の仲間に助けてをちゃんと発信したよ。

逆の立場だったら 我慢せず、気を使わず 本心言ってほしいと思うから。

申し訳ない、このくらいの被害なら我慢しなきゃ、とりあえず大丈夫だよ。 
のど元まで 出てたけど、あえて負担をお願いしようと思った。 
本心を伝えたいと思った。

そして 県外から来た食料で心も体も 近所や家族みーんなとっても助かりました。

本音を言える仲間にいる、言わせてくれる仲間がいる とーってもありがたい。
みんな ありがと♪





私の使命
わたくし、つぼみは
『一緒にいる楽しさを伝えるために 生まれてきました』

その使命がはっきり分かった瞬間、あぁ やっぱりな~ って。

感動したり お腹がえぐられるほどの衝撃を受けて 泣いてる人いたけど、私はどちらでもなく
ウンウン わかってた。
やっぱりそれだよね!
って。

それと同時に 更にパワーがチャージされる感じ。

私は今まで直感で、何でもやりたいことをやってきた、だから楽しいし幸せなんだと納得。
ぜーんぶ つぼみと一緒に答え出しながら動いてんだな~
一緒にいる人も 自分にとって心地いい人なのか 常に自分の中に聞いて自分で判断し、心の声に従い動く。

それって とっても自分を大事にしてるってことだよねー
自分を信じてるってことだよねー
その時その時を後悔しないように一生懸命 生きてるってことだよねー

あぁ もう迷わない。
私と一緒にいる人たちは 私といるだけで楽しくなるし、幸せになるって決まってるから\(^_^)(^_^)/



引き寄せるもの
今回のセミナーワークのペアは ジェイク。
ジェイクといっても 日本人。
同じくらいの年齢の男性。

えぇ まーぴょん自分から声かけましたわ。
この人と話したい!  って心の声に従い
誰かに取られる前に お願いします! って告りましたわ。
見事 クリア。  講師のOKももらいあした。


怪しいワークショップでは 潜在意識での名前をもらう。
まーぴょんの潜在意識ネームは ”つぼみ”

”つぼみ” が ”ジェイク”  で  『ジェイク』 が 『つぼみ』  
24時間相手に一生懸命関わるワーク。

今までの成功体験やうれしかった、楽しかった、感動したエピソードをお互い聞きあう。

霧島神宮へ参拝に行き、ぜんざいをごちそうしてもらい、夜用のお酒を買い込み、そんな中でもたくさんの価値観を共有。
夜ワークが終わってからの自由時間は スパークリングワインのフルボトル、2本空けましたわ。
ふたりで イヤ ひとりで。
ジェイクが持ち込んだワインは アルコールが12% と こんなの飲んでたら まーぴょん死んじまうんで、軽めのを2本。
ふたりでへべれけになりながら、まわりに 酔っ払いを笑われながら。

でも、酔った方が 本音が言えるんだよね。
言えないことも すんなーり 話せるんだよね。
しまいには
「ジェイク! あたしといると楽しいでしょ~!! だって ジェイクといる私が一番楽しいもーん♪」
ってな 感じで。
こんな酔っ払いでも 大人なジェイクは ちゃーんと部屋まで連れて帰ってくれました。
温かい人でやんす。





未完了を完了させる
潜在意識に問いかける 怪しいワークショップ。
その中で 未完了を完了するワーク。


伝えたい人3人だけを選定。
すぐに思いついた。

伝えたい人3人ともみんな生きてる。
なら、このワークで完了したとしても 生きてるうちに直接相手に伝えよう。


お父さん
「買ったばかりの釣竿を踏んで割ってしまって ごめんなさい」

お母さん
「お弁当を落として食べれなくしてしまって ごめんなさい」

婚約してた彼
「私は大丈夫だから 忘れてください。 ブログ見に来るのは気になってるからなんだろうけど」


父とは地震が落ち着いてから一緒に魚釣りに行く約束した。
母とは うーん、母の誕生日にご飯食べでも行こうかな。



ゴールデンウィーク最終日

霧島温泉にて山下義弘さんのセミナー♪

地震があって自分を癒してあげてなかったから。
それよりも 水を送ってくれた まこっちゃんに会いたかったから。


全国から集まった方たちと。


どんな二日間になるんかな~


5月の担当コラム と イベント案内
         『自分に寄り添う』

「もうダメだと思った」
今回の震度7の熊本地震発生時、県内に住む方々からそのような言葉をたくさん耳にした。
かくゆう私も激しい揺れの中、そう思った中のひとりである。
家中あらゆるものがひっくり返り、中でも我が家で一番高価な電化製品、ドラム式洗濯機が倒れていたのには何とも言えないショックが心に広がった。
夜が明けるにつれ車載テレビから飛び込んでくる、県内を襲った爪痕の大きさに、ただただびっくりするばかり。

電気、水道が数日復旧せず、今後の生活はどうしていったら良いものか・・・ 車中泊する中で何度も考えた。
ただ、足の踏み場もない家の片付けをしていく中で、私の強み“ポジティブ”が幾度となく顔を出す。
我が家の家屋はクロスのひび割れ程度で、家族全員命に別状はない。 
水や食料の備蓄があるので避難所生活をすることもなく、両親兄弟含め命を落とした人はいない。このくらいの被害ですんで良かった、と。

テレビを見ていてもよく耳にした「命が助かっただけでもありがたく思わないと」
そうだね、なくなったものを悔やむより、今あるものに感謝しないとね。
何事もネガティブな部分より、ポジティブな部分を見ないとね。

そんな現状に前を向いて頑張っているあなたへ、少しだけお伝えするね。

ポジティブな部分の裏には、悲しかった、不安だった、怖かった、そんな思いがたーくさん詰まっているんだよ。
前向きなことを言っているあなたは気づいてないかもしれない、光と影があるように、心の中にポジティブな言葉と同じくらい、ネガティブな思いがあるんだよ。
見えてないなら無理に引っ張りださなくてもいい。
ただ、少しでもそこにあるのなら見ないふりせずゆっくり眺めてみない。
じっくり味わってみない。
そんな自分に寄り添ってみない。
その部分が言えるときっと癒える。
本当の意味で前に進めるから。 

今回のイベントではそんな場を提供します。


■ 日時:5月21日 13:30~16:30
  
■ 場所:熊本市国際交流会館 研修室1

■ 参加費:2000円(※熊本地震義援金として全額寄付させて頂きます)

■ ファシリテーター:コーチまーぴょん

■ お申込み
https://ssl.form-mailer.jp/fms/fbd1bb07436797



心屋マスターコースの仲間たち
全国にいる マスターコース30期のメンバーたち。
たくさん話して、たくさん泣いて、たくさんの時間をすごしたからこそ。
たくさんの信頼とたくさんの愛をもらった。

熊本地震で たくさん甘えさせてくれました。
たくさんの愛をくれました。
弱っちいダメな私を受け入れてくれました。
熊本の30期メンバーに寄り添ってくれました。

ありがとう。

じぇにます


30期講師ジェニーーさんブログ   →   ◆ちゃんと甘えてもらって ちゃんと甘えてくれて、ダンボールぎゅうぎゅうの愛と 支援物資と義援金を

じぇにますくまもと
熊本のみんなが無事でよかった。

余震が続いてる
今朝2時30分頃 震度3の余震。

その後も震度は小さくても ドンと突き上げる音がする。

特に寝てると顕著にわかって。


「もう慣れた」
と言っときながら やっぱり怖いな。

本震みたいなあんな揺れが来たら…

あぁ怖い。
そばにおってー